読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々ロック

ここは気ままにロックやメタルやⅤ系が好きな管理人が好きなバンドのCDを語り採点していく場所*あくまで個人的な感想なのですべてを鵜呑みにしないこと

ark

L'Arc~en~Ciel

ark

L'Arc~en~Cielのrayと同時にリリースされた6thアルバム
オリコンでは見事1位を獲得した(2位はray)、kenとtetsuはrayとark自信作はどちらと聞かれてarkと答えている
1曲目のforbidden loverは壮大な世界観を感じられる曲
一応シングルなのだが大衆向けな曲ではないので知名度は低い、しかし間違いなく名曲だ!
歌詞もいい…昔のhydeの書く歌詞はただの恋愛の歌詞ではなく比喩が入っていたり表現が素晴らしい
2曲目のHEAVEN'S DRIVEはハードロック調な曲調から始まるがサビはものすごくポップになる
ベースがかなり動いていて特にサビでの主張が激しくかなり目立つ(笑)
3曲目のDriver's HighはアニメGTOの主題歌として有名になった曲爽やかな曲調でラルクの曲の中でも上位の人気曲だ
Cメロの部分が好きなのだが最近のライブだと客に全部歌わせてしまうのが個人的に残念
4曲目のCradleはバラードでサビの裏声が綺麗
5曲目のDIVE TO BLUEはtetsu作曲の爽やかキャッチーな曲
しかし曲調とはうらはらに飛び降り自殺の歌でありそのギャップがファンの間ではウケている
これ聴きながら飛び降りたらかっこいいかもなあ…決してやらないけど(笑)

7曲目のButterfly's Sleepは元々作ってあった曲らしく初期の頃らしい曲
このアルバムにおけるキラーチューンだと思っている
ダークで初期っぽいが明らかに違うのがやはりドラムだろう
手数の多いユキヒロが加わったことによって洗練された曲になっている
9曲目の真実と幻想とは幻想的な世界観のバラード
ギターが曲を通していいフレーズを弾く
ラルクはこういう曲が得意分野だし強みであり、例えば同時期に売れていたGLAYとかには決して出せない世界観だ
10曲目のWhat is loveはゲイの歌らしい(笑)
しかし曲自体は好きだし 今でも愛を知らなくて〜の部分など演奏と歌含めて好きである
11曲目のpiecesはバラードを作る名人のtetsuによる感動のバラードだ!
ギターソロがなぜか荒ぶっていて曲を壊しかけている気がするのだがそこは気にしないでおこう(笑)
PVでは呪われたナイフでhydeがtetsuを刺していて結構衝撃だった(笑)
死がテーマでロック調なrayと比べるとarkはポップでキャッチーな曲が多い印象
forbidden loverやHEAVEN'S DRIVEなどシングル曲はもちろんいいのだがアルバム曲があまり好きではないかな
Butterfly's Sleepとかいいけどやはりいばらの涙クラスの名曲と比べると霞んでしまう
私はray派だがarkもいいアルバムなので興味があったらぜひ!(笑)

100点満点中:80点
お気に入りの曲:forbidden lover、HEAVEN'S DRIVE、Driver's High、DIVE TO BLUE、Butterfly's Sleep、真実と幻想と、pieces

ark

ark