読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々ロック

ここは気ままにロックやメタルやⅤ系が好きな管理人が好きなバンドのCDを語り採点していく場所*あくまで個人的な感想なのですべてを鵜呑みにしないこと

ray

ray

国民的ロックバンドL'Arc~en~Cielの7枚目のアルバムにしてラルク最高傑作のアルバム!!(あくまで個人的に)

arkとアルバム二枚同時発売となって世間を騒がせた、その際オリコンチャートの1位をark、2位をrayで飾った

「どちらのアルバムが自信作か」という問いに対しhydeyukihiroがrayを選んだ

今作は死と退廃的な雰囲気がアルバムのテーマになっている

1曲目死の灰はロックで退廃的なまさに今作の方向性を示している曲

2曲目のIt's the endは疾走感がある曲である、ライブではhydeがタンバリンを叩いているのが印象的

3曲目HONEYは言わずも知れたラルクの代表曲である!!

曲自体はとてもキャッチーなメロディーラインに王道ロック的なサウンドでとても一般向けな曲だ。

アルバムに入っている花葬と浸食 ~lose control~と異例の3枚同時発売されたがそれぞれの曲が方向性が異なり、3曲とも名曲だったので驚きである!!

一見明るい曲なのだが歌詞にダークな要素が詰められている説もある、そういったダークな要素を入れてくるところもラルクの魅力

4曲目のSell my Soulはジャズ風なサウンドの曲でラルクの音楽性の幅広さがわかる

アルバム曲のなかでは私的ランク上位の曲

5曲目のsnow dropはラルクシングル売り上げ2位の曲なのだが同じ冬曲のwinter fallの知名度に埋もれてしまっている不遇の名曲

Aメロから音程がだいぶ低くサビは高いという音域の広さゆえhydeはカラオケでは歌えないとコメントしている

7曲目の花葬は自分の中ではラルクの中でトップに好きな曲だ!!!

ラルクの作り出す死の世界観が本当に素晴らしい、イントロから引き込まる曲

 ギターの音作りからソロのフレーズにkenの才能を感じる、kenの作曲能力は素晴らしい

またベースはラルクの曲の中でもトップクラスに動き回る(笑)ドラムも意外と16ビートで忙しそうだ

歌詞も素晴らしくkenがhydeに死をイメージした歌詞を頼んだ2時間後に歌詞を書いて持ってきたというエピソードがあり作詞能力の高さがわかる

8曲目浸食 ~lose control~はテンポが大胆に切り替わるのが特徴でありかっこいい

pvが怖い(笑)特にhydeが蝶を食べるところとかが(笑)

9曲目のtrickは珍しくyukihiro作曲でUKロックの風潮を感じるようなロックな曲

10曲目のいばらの涙も名曲だ、ライブでも演奏される頻度が高い

ジャンヌダルクの処刑をモチーフに作られた曲らしい

アルペジオが美しい…サビでは打って変わって激しい演奏に切り替わる

2012年のワールドツアーではイントロなどがキーボードアレンジになったバージョンが1曲目に演奏されたがそちらも素晴らしかった!!

アルバムrayは紛れもない名盤だ!!

まあ同時リリースの3曲やほかにもミリオンヒットの曲が入っているので当然といえば当然なのだが(笑)

しかしアルバム曲までクオリティが高く世界観も統一されている点は高く評価できる

この頃はラルクはバンバンCDを出していたので当時のファンは金欠で大変だっただろうな(笑)

ぜひまたそのくらい活動してほしいなあ…可能性低すぎるけど(笑)

rayはラルクの名刺代わり的な1枚でありポップながらダークな面を持つラルクの魅力が詰まっている1枚である

100点満点中:99点

お気に入りの曲:ほぼすべて

 

ray

ray