読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々ロック

ここは気ままにロックやメタルやⅤ系が好きな管理人が好きなバンドのCDを語り採点していく場所*あくまで個人的な感想なのですべてを鵜呑みにしないこと

ウツセミ

Plastic tree

ウツセミ(初回限定盤)(DVD付)

V系バンドPlastic treeのアルバム
プラは切ない曲が素晴らしいV系バンドであり
そんな彼らのアルバムの中でもウツセミは特に儚い世界観がより色濃く表現されている!
2曲目、表題曲のウツセミがいきなりこのアルバムの儚い世界観に引き込んでくれる名曲
竜太郎の浮遊感のあるボーカルだからこそ伝わる儚さだと思う
プラは歌詞も独特で好きである
3曲目のテトリスはアップテンポの曲である
バラードだけでなくこういうロックな曲もあるのだが竜太郎の声がハマればいい感じになる(笑)
所々のギターのアルペジオが個人的に好きでサビの言葉遊びっぽい歌詞もいい
4曲目のリプレイもプラの中で上位に入る曲だな個人的に
瞬間接着剤の涙とか独特な単語を使うのがいい
ギターが結構鋭いカッティングするところはするし
いいフレーズのアルペジオを弾くところは弾くしメリハリあっていい
5曲目のメルトは重めのサウンドに竜太郎の浮遊感あるボーカルを存分にのせていくプラの得意パターンの曲
楽器が重い音の分サビの裏声が際立ち切なさを感じさせる
6曲目のdummy boxはノリやすくキャッチャーな曲
9曲目の斜陽は珍しく楽器隊が変則的なフレーズから入る曲
ギターが珍しく歪みまくりで浮遊感のあるボーカルと合わさって歪な世界観の曲に仕上がっている
11曲目のバルーンはとにかく切なく儚い
歌詞見ながら聴いたら思わず泣いてしまうだろう
特にCメロからラストにかけての畳み掛けがたまらない(笑)
病んでる時聴いたら泣くなあこれ(笑)
13曲目のアローンアゲイン、ワンダフルワールドも儚い曲
14曲目の記憶行きはピアノ伴奏のバラードになっている
この曲は少し退屈かもしれないが歌詞を聴いていると引き込まれる本当に竜太郎の書く歌詞はいいと思う
この曲を聴きながら田舎の無人駅とかに向かってみたいものだ(笑)
まとめるとウツセミはプラの儚い世界観が凝縮されている!!
V系なのだが音的にはロキノン系となんら変わらないので聴きやすい
海外のメタルバンドとか聴いてる時は歌詞なんてわからないし演奏が聴ければいいのだが
プラは歌詞も合わせてひとつの音楽だ!!
手っ取り早く切ないモードに浸りたい時はプラを聴けばすぐ入り込めるぞ(笑)
100点満点中:92点
お気に入り曲:ウツセミ、テトリス、リプレイ、メルト、バルーン、アローンアゲイン、ワンダフルワールド、記憶行き

ウツセミ(初回限定盤)(DVD付)

ウツセミ(初回限定盤)(DVD付)